チャリチャレ2019

開催要項

チャレンジャー紹介

PHOTO

スタッフ紹介

Day1 Biei ~ Taisetsu

雨の中の集合

2019.9.14 8:00

みんなが集まるときに雨は上がって、親も子も色々な気持ちを抱えたままバスでスタートしました。

昼食~美瑛鉄西公園~

2019.9.14 11:00

バスの中で仲良くなったグループの子達とお昼ご飯

お昼ご飯はハンバーグ弁当と焼肉弁当です。

まだ本気を出せない子や、元気一杯の子など色々な過ごし方をしてました。

Day1 Start -30km-

2019.9.14 12:00

今日は30km。距離は短いですが登り坂がきつく、簡単な道ではないです。今回はほとんど初参加のため、スタッフも緊張の中のスタートになりました。

青い池

2019.9.14 15:30

今年出来たばかりの新しいサイクリングロードを通って快調に進んで行きました。

うまく全員集合できそうだったので、青い池で集合写真。

Day1 Goal

2019.9.14 16:00-16:40

全チームが無事にゴールしました。

オリエンテーション

2019.9.14 17:15

大雪青年の家では他の団体も利用しているため、他の団体に向けて各団体の説明を自分たちで行います。

チャリチャレは山口愛統くんがやってくれました。

夜ご飯~大雪青少年交流の家~

2019.9.14 17:30

夜ご飯はどうだったかな。僕はノーコメント。笑 でもたくさん食べてる子が多かった印象。

好き嫌い多かったら将来困るぞー。

Day2 Taisetsu ~ Fukagawa

2日目の朝

2019.9.15 5:00

外に出ると大雨。天気予報的中。やっぱりチャリチャレは雨降るんだな。

グループ分け⇨朝ごはん⇨Day2 Start -90km-

2019.9.15 6:30-8:45

2日目のグループを分けてから朝ごはん。

ごはんを食べてから外に出てみると、雨が上がってる…。

雨が降らないうちにスタートしちゃいましょー!

昼ごはん-旭川-

2019.9.15 11:30-13:20

お昼ごはんは旭川市内で各自お店に入るルール。多かったのはお寿司、ラーメン、マック、びっくりドンキー、なると(からあげ)かな。

お昼ごはんの写真を見たら、みんな笑顔で写ってるからこっちまで嬉しくなっちゃいました。

神居古潭

2019.9.15 14:40

今年は対象年齢が低いのと初参加の子が多いので、ペースを遅く見積もってたけど、想像よりも早くてこっちが焦りました。

早く着きすぎても宿舎の用意ができないので、途中でタイムコントロール。早く乗りたい子を待たせてしまって申し訳ないけど、待ってる間も楽しそうだったのでよかった。

Day2 Goal

2019.9.15 15:50-18:00

神居古潭からあっという間にゴールまで来ました。今日は一番長い距離で大変なはずなのに、ゴールした子たちは笑顔。

その後は流石に疲れた様子で、夜にうるさい!と怒られる子はいなかった。今年は素直ないい子が多いな。

夜ご飯~お風呂

2019.9.15 18:00-19:30

夜ご飯はノーコメント。みんなどうだったかな。帰ったら教えてあげてください。笑

お風呂もきちんと入れていました。さすがに今日は疲れていたのかな。

Tシャツ

2019.9.15 20:10

あっという間に最終日。まだまだ一緒にいたいんだけどなー。

2泊3日という長いようで短い時間で、僕たちは子供達にどれだけのことができるんだろう。

そんなことを考えながら、全員で同じTシャツを着て笑顔で撮った写真を見返すと、自然と笑みが浮かんできちゃいます。

明日、皆さんの待つゴールへ、全員無事で帰れるように気を引き締めて頑張ります。

開催要項

名称チャリチャレ2019
主催チャリチャレプロジェクト
日時令和元年9月14日(土)〜9月16日(月)
コース概略美瑛〜旭川〜深川〜岩見沢
募集定員50名
参加費用2万円
募集学年小学校1年生〜4年生

今年度の募集は終了いたしました。

参加条件

岩見沢近郊の募集学年のお子さまで、3日間全ての日程で参加できること。

お子様の自転車や装備の準備など、本プロジェクトに対して協力していただける方。

2005年、(社)岩見沢青年会議所主催で、「チャリでCHALLENGE!!」が開催されました。

多くの反響を頂き、完走した子供たちの達成感・充実感に溢れた笑顔が最大の成果だったと思っています。


「今年はやらないの?」「また参加したい!!」 翌年、そんな声をたくさん頂きました。

挑戦したい。そう思う子供がいれば、その想いを叶えてあげたい。

そうして、2006年にチャリチャレプロジェクトを立ち上げ、何のバックアップもないままチャリチャレはスタートしました。

どれだけの人がスタッフとして集まってくれるのだろう。

大きな不安の中、予想を大きく上回る50名のスタッフが集まり、74名の子供たちと共に支笏湖を往復しました。


そして昨年、13回目のチャリチャレを無事に成功させることができました。

今までで1000人近い子供たちが挑戦し、全員がリタイアすることなく完走しています。

チャレンジャーだった子供がスタッフとして参加してくれるようにもなっています。


チャリチャレは子供たちにとって大きな挑戦です。

私たちスタッフにとっても。そして、送り出す親にとっても。


何もしないでいること、あきらめることは簡単にです。

あえて辛いこと、苦しいことなど、誰もしたくないでしょう。

それでも、それを乗り越えた人にしかわからないものがあります。

達成感。充実感。やろうと思えばできるんだという自信。

それは、未来ある子供たちの背中を少しだけ後押ししてくれるのではないでしょうか。

そう信じて、私たちは今年も、この挑戦に挑みます。


今年で14回目のチャリチャレです。

たくさんのご理解とご協力を頂きながら、子供たちがまた最高の笑顔でゴールできるように精一杯頑張ります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

連絡先

確認のため、同じメールアドレスを入力してください。

企画・運営チャリチャレプロジェクト
住所北海道岩見沢市中幌向町94(株)ウメダ
代表者梅田英世
情報責任者宮本一仁

Q1.自転車で長距離を走るなんて危険じゃないの?

安全に旅を終えることができるように、事故については様々な事態を想定して対策を行っています。

できるだけ歩道を走行するようにしております。

ルート作成に際して、事前にスタッフが調査走行を行い、安全を最優先にルートを決定しております。

その中で危険個所があった場合は警備スタッフを配置して、安全に運営をできるように配慮しております。

Q2.小学生が自転車で200kmも走れるの?

小学校1年生でも時十分に完走できるようにコースを設定します。

年齢差や体力差もあり辛く厳しい想いをすることもありますが、走行スタッフが随時休憩を取ります。また、遅れそうな子供がいた場合はスタッフや他の子どもと一緒に励まし合いながらゴールを目指します。

体調が悪くなったり、遅くなった場合はグループ全体が停止します。

また、看護師の資格を持つスタッフが同行し、怪我や体調不調に対応できるようにスタッフで対応策を共有しております。

Q3.どんな自転車で参加すればいいの?

折りたたみ自転車・極端にタイヤの小さい自転車は禁止とします。

身体にあった範囲で極力タイヤサイズの大きいもの(20インチ以上)で、6段以上の切替え付きの自転車を参加条件とします。

また、事前に必ず自転車屋さんに持っていって点検してもらうようにして下さい。

ハンドルやサドル、ペダル、タイヤやブレーキはもちろん、チェーンのゆるみなども点検してもらってください。

パンク等の修理備品は走行車両が用意しています。

Q4.必要な持ち物は?

自転車・雨具・着替え・洗面用具(お風呂道具)等です。

できるだけ飲み物を入れるための専用ボトルを用意し、自転車に固定できるようにして下さい。

市販のお茶等のペットボトルでも可ですが、自転車専用のものはキャップの空け閉めが容易であり、また自転車に固定することができるのでぜひご利用下さい。

カゴに入れて走行した場合、段差で落下することがよくあり、事故の元にもなりますので、できるだけ、ボトルを自転車に固定する金具を取り付けて下さい。(自転車用品店でお求め下さい)

着替え等の荷物は一まとめにして下さい。受付時に預かり車輌で運搬します。

走行中は、汗を拭くタオル以外は持たず、できるだけ手ぶらで走行することが望ましいです。

必要なものはウェストポーチ等に入れて下さい。リュックは持たせないようにして下さい。

雨天が予想される時は、着替えやタオルを少し多めに持たせて下さい。

また、逆に持ってきてはいけないものは、携帯電話、ゲーム機などです。

万一、ナイショで持ってきて紛失したり壊れてしまっても、責任は負えません。

詳しい持ち物の確認については、事前説明会で行います。

Q5.ヘルメットは必要ですか?

ヘルメットの着用を「参加条件」とします。

平成20年6月から施行された改正道路交通法でも、児童が自転車に乗るときのヘルメットの着用が「努力義務」として明記されました。

 「努力義務」であって、罰則等の規程はありませんが、自転車に乗っていて最も危険なのは転倒した時に頭を打つことです。

過去のチャリチャレでも、転倒事故は何度も起きています。

幸いにして大事には至っていませんが、今後も予期せぬ転倒は避けられないことだと思います。

ヘルメットを着用することで、より安全になるということに間違いはありません。

必ず、ヘルメットを着用して参加させて下さい。

Q6.雨天の場合は?

雨天決行します。安全確保が難しい程の雨の場合は、危険箇所を車で搬送するなどの処置をします。

台風などの場合は中止とします。

尚、中止となった場合、参加料については全額をお返しすることはできません。

Q7.当日子供の姿を見に行ってもいいですか?

沿道や休憩ポイントなどでご声援頂くことは結構ですが、「少し遠くから見守る」というスタンスでご声援頂くことをお願いします。

安全のため車での併走や車内からの応援は絶対に行なわないで下さい。

極端に近寄ってくる危ない車がいると思ったら、保護者の方だったということが毎年あります。

もちろん悪意がないのは十分にわかっていますが、危険は危険です。

少し離れた場所に車を止めて、どこかの陰からそっと応援して頂きたいです。

また、休憩ポイントとして設定している箇所は、大きな駐車スペースがない場所もあります。

開催時期は行楽シーズンでもあり、一般の車輌の出入りも多いことが予想されます。

休憩ポイントへの車の乗り入れはご遠慮下さい。

スタッフとして参加される場合も、ご自分のお子さんを特別に扱うことのないようにして下さい。

なお、旅の情報はタイムリーにホームページ・SNSで更新するとともに、メールにて情報発信を行ないます。

お問い合わせについての注意点

ご入力頂いた個人情報につきましては、お問い合わせ内容の返信のみに使用させていただきます。

メールで回答させていただきますので、@chari-chare.comからのメールを受信できるようにして置いて頂ければ幸いです。なお、3日程度経っても返信がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせ下さい。

こちらで余りにも悪質な内容と判断した場合は、記録してあるIPアドレスをともに警察などに相談させていただくこともございます。

個人情報の保護方針につきまして不明点がある場合は、サイト下部にある内容をご確認下さい。

登録の流れ

登録のフォームに入力します。

こちらから自動で登録完了のメールを送信します。

登録完了メールが受信されましたら、登録完了です。

登録期間の終了まで、登録完了メールは大切に保存しておいてください。

フォームの注意点

■ 血液型が不明の場合

O型を選択して、注意事項にその旨を記載して下さい。

■ 電話番号と緊急連絡先

緊急連絡先には、開催当日に最も連絡が繋がりやすい携帯電話の番号をお書きください。

固定電話がない場合などは、電話番号と緊急連絡先が同じ番号でも構いません。

■ 連絡事項に書いてほしいもの

持病やアレルギーなどは必ずお書きください。

後日、事前説明会を開催しますので、準備などの質問はその時か個別にメール等でお願いいたします。

注意点

連絡はメールを中心に行いますので、こちらからのメールは間違いなく受信できるようにして下さい。

このメールアドレスから送信されます。

webmaster@chari-chare.com

メールの設定方法

携帯メールをご利用でフィルタリングがかかっている場合は、こちらを確認しておいてください。

NTT docomo

au

softbank

なお、gmailは迷惑メールのフォルダに格納されてしまうことが多くありますのでご確認ください。

メールが受信できないとき

登録したのにメールが届かないときは、下記のようなことが考えられます。

■ 送受信に時間がかかっている

 ⇒ 20分ほど待ってみて下さい。

■ 迷惑フォルダーに格納されている

 ⇒ 自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があるので、確認してみてください。

■ どちらでもない場合

 ⇒ メールでご連絡お願いします。できれば連絡先の電話番号もご記入ください。

webmaster@chari-chare.com


ここまで確認されましたら、フォームの確認済の部分にチェックをお願いします。